Youtube

ゆたぼんのお父さんの学歴は?現在の仕事と経歴も徹底調査

少年革命家という名前でYoutuberとして活躍するゆたぼん。ゆたぼんが中学に行かないことを動画で公表したことにより、ゆたぼんの親にもかなり注目が集まっていますね。

ゆたぼんの父親は情報発信もしているため、積極的にメディアやSNSで持論を伝えています。

この記事ではゆたぼんのお父さん(中村幸也さん)がどのような人なのか徹底調査したものをまとめました。

この記事でわかること
  • ゆたぼんのお父さんの学歴
  • ゆたぼんのお父さんの現在の仕事と経歴
  • 逮捕歴の真相
  • wiki風プロフィール

それでは本題にいってみましょう!

ゆたぼんのお父さんの学歴

ゆたぼんのお父さんは、中村幸也さんと言います。

ゆたぼんのお父さんの学歴は、ハート出版によると中卒。

大阪府茨木市出身ですので、こちらの12校のうちのどこかに当たると思います。

  • 養精中学校
  • 西中学校
  • 東中学校
  • 豊川中学校
  • 南中学校
  • 三島中学校
  • 北中学校
  • 東雲中学校
  • 天王中学校
  • 西陵中学校
  • 平田中学校
  • 北陵中学校
  • 太田中学校
  • 彩都西中学校

ゆたぼんのお父さんは、中学卒業して就職の道を選びます。しかし、なかなかうまくいかなかったのか転職を20回以上も繰り返したり、暴走族になりかなりヤンチャしていました。

中学を卒業してから色んな道を経験してから、高等学校卒業程度認定試験に合格しています。

高等学校卒業程度認定試験とは?

高校卒業した者と同等以上の学力があるかどうか認定する試験。

学歴は高卒にはなりませんが、この資格を取得することで大学や専門学校の進学が可能。

ゆたぼんのお父さんの現在の仕事と経歴

ゆたぼんのお父さんは現在の仕事は主にカウンセリングと情報発信を行っています。

不定期にゆたぼんと共に講演会も行っているようです。

最近では、ゆたぼんが中学校にいかないことを決めて様々な議論があるのでゆたぼんのお父さんがAMEBA NEWSに出演することもありました。

ゆたぼんのお父さんのテレビ出演

ゆたぼんのお父さんの伝えたいことは「自分の好奇心に素直に従いながら、どんどん新しい扉を開く人を増やしたい」ことなのだそう。

 

これからの時代は自分の好きな事、やりたい事をしながら生きられる時代。ロボットのように働くだけの労働者ではなく、自分の好奇心に素直に従いながら、どんどん新しい扉を開いて生きて、そんな生き方をする人たちを増やしていきたいです。

引用:アメブロ

 

ゆたぼんのお父さんは今現在の仕事に至るまで多くのことを経験してきています。

  • 中卒で転職20回以上
  • 暴走族の副総長
  • 営業の仕事
  • 心理カウンセラー

自分の意志で色んな道を選択してきた人なのでしょうね!

そして2015年には、自身のうつ病の経験や心理カウンセラーになったことを生かして本を出版しています。


読んだ人の口コミの評価の低さが若干気になります…。

ゆたぼんのお父さんが逮捕されたのは、Youtube動画のネタだった!

ゆたぼんの2020年4月1日のYoutube動画で、「パパが捕まりました。」というものがありました。

パトカーの映像もあり、パパが逮捕されて走って逃げるゆたぼんの姿が投稿されていました。

「え?なんで?パパ何かしたの?!」と思った方は多かったのではないでしょうか?

 

しかし、この動画が投稿されたのは2020年4月1日。そう、エイプリールフールだったんですね。

1年後の動画では、ゆたぼんのお父さんが逮捕されたのは「ロボットのように何もしなかったから」と伝えていますが、実際に逮捕されたわけではなく壮大な嘘でした。

 

ゆたぼんとゆたぼんのお父さんが伝えたかったのは、ロボットのようになるな!ということでしょうね。

自分の意志で人生を楽しむ!それを伝えるための動画だったのではないでしょうか?

 

ちなみにゆたぼんのお父さん、プロフィールに昔の暴走族時代にしたことを書いてありますが、実際に法に触れていることもありますので逮捕された経験はあると思います。

 

ゆたぼんのお父さんのwiki風プロフィール

ゆたぼんの父親
  • 中村幸也
  • 生年月日:1980年3月22日
  • 年齢:40歳
  • 職業:心理カウンセラー、禁煙カウンセラー
  • 著書:あきらめる勇気─人生はあきらめが9割残りの1割で幸福になる方法

ゆたぼんのお父さんは4人の子供を持つ父親です。(女の子3人とゆたぼん)

2018年から家族全員で大阪から沖縄に移住をしていて自由な生活を送っています。

ゆたぼんが中学に行かないことを動画で公表したため、多くに人から疑問の声や議論の声が上がっていました。

Twitterなどでは積極的に持論を述べています。

 

 

 

error: Content is protected !!