スポーツ選手

【ドラフト】早稲田大・早川隆久の経歴は?1位候補で実力、現在の映像をまとめ!

2020年も夏になり、プロ野球も盛り上がってきました。今年は新型コロナウイルスの影響で、開幕日も遅く異例のシーズンになっています。

夏の甲子園も選抜出場予定の学校で1試合だけの交流試合になり、選手の進路にも大きく影響しそうです。

そんな限られた少ない試合の中でいかに目立つか、今年のドラフトに選ばれる大きなポイントではないでしょうか?

先日、今年のドラフト候補の早稲田大学の早川隆久選手が155kmを投げ一躍ネット上で話題になりました。

早稲田大・早川隆久選手とはどのような経歴で、ドラフト1位候補に名乗りをあがっているので、どんな実力か気になりましたので、まとめてみました!

【ドラフト】早稲田大・早川隆久の経歴は?

早稲田大・早川隆久選手の経歴は?

  • 名前:早川 隆久(はやかわ たかひさ)
  • 出身地 : 千葉県横芝光町
  • 生年月日:1998年7月6日
  • 身長:180cm
  • 体重:80kg
  • 血液型:B型
  • 投打:左投げ左打ち
  • ポジション:投手
  • 小学校:横芝光町立上堺小学校
       (上堺SBCソフトボールクラブ)
  • 中学校:横芝光町立横芝中学校
  • 高校:木更津総合高校
  • 大学:早稲田大学
  • 好きな教科:体育
  • 嫌いな教科:数学
  • 趣味:音楽鑑賞、ジョギング
  • 好きな選手:前田健太投手
  • 好きな球団:千葉ロッテ
  • 好きな言葉:平常心 百折不撓

早稲田大・早川隆久の出身地・小学・中学は?

早川隆久選手は千葉県横芝光町出身です。場所はこちらです!

千葉県の東部で九十九里の方面ですね!

小学校は横芝光町立上堺小学校で上堺SBCソフトボールクラブ出身です。スタートはソフトボールだったんですね!

中学も地元の横芝光町立横芝中学校で中学軟式野球部に入っていました。近年は中学時代にクラブチームに所属して硬式野球よりも、中学で軟式野球部出身の選手が多くなってきました。

その代表が巨人の菅野智之選手ですね!

早稲田大・早川隆久の出身高校は?

高校は千葉県木更津市にある野球名門校木更津総合高校に進学します。

木更津総合といえば、春3回、夏7回、合計10回の甲子園出場しており、千葉県で毎年優勝候補にあがる強豪校です。

高校入学後すぐにベンチ入りしますが、肘を痛めて外野手に一時期転向しています。1年生の秋には肘も完治し、登板機会も多くあり、千葉県大会では自責点0で優勝、関東大会では準優勝に貢献しました!

関東大会準優勝しましたので、2015年春選抜に出場しました!

早川隆久の2年生選抜大会結果
  • 1回戦:対岡山理大附属 8対3 勝利
    早川選手:先発し7回6安打3奪三振自責点3
    
  • 2回戦:対静岡 2対4 敗戦
    早川選手:先発し5回8安打4失点

2年生で選抜大会に出場し既に先発投手としてチームを引っ張っていました!

2年生の夏は千葉県大会で準決勝 対専大松戸に途中から登板し1対3で負けてしまいます。やはり高校野球で勝ち抜くにはとても難しいですね。

2年生秋にはエースナンバーを背負い、一時腰を痛めますが千葉県大会、関東大会共に優勝しました。

関東大会優勝しましたので、2016年春選抜に出場しました。

早川隆久の3年生選抜大会結果
  • 1回戦:対札幌第一戦 5対2 勝利
  • 早川選手:先発し9回6安打10奪三振
  • 2回戦:対大阪桐蔭戦 4対1 勝利
  • 早川選手:先発し9回5安打6奪三振
  • 3回戦:対秀岳館戦 1対2 敗戦
  • 早川選手:先発しサヨナラ負け

優勝候補の大阪桐蔭を抑え、一躍有名投手になりました。残念ながら秀岳館高校にサヨナラ負けしましたが、インパクトを大きく残した選手でした。

秀岳館高校戦でのサヨナラ負けのシーンがありました!こちらです!

3年生の夏の大会は、千葉県大会も優勝し、自身初夏の甲子園に出場します。

早川隆久の3年生夏甲子園結果

2回戦:対唐津商業戦 2対0 完封勝利
3回戦:対広島新庄戦 2対0 完封勝利
準々決勝:対作新学院戦 1対3 敗戦

自身初の夏の甲子園で2試合連続完封で選抜に続き話題になりました。

残念ながら、作新学院には破れてしまいましたが、当時の作新学院はエース今井達也(現西武)を擁して甲子園優勝をしていますので、木更津総合も甲子園優勝できる実力があったといえます!

作新学院戦の試合はこちら!

早稲田大・早川隆久の大学での実績は?現在の映像は?

輝かしい高校時代の実績を持って、大学野球の名門早稲田大学に進学します。

早稲田大学では1年春からベンチ入りをし、試合に出場しました。

早川隆久大学時代の結果
  •    17春: 8試合 1勝2敗 防御率5.12
  •    17秋: 7試合 0勝1敗 防御率6.00
  •    18春: 4試合 0勝2敗 防御率4.80
  •    18秋: 8試合 1勝1敗 防御率1.72
  •    19春: 8試合 3勝2敗 防御率2.09(リーグ3位)
  •    19秋: 9試合 2勝4敗 防御率3.00(9位)

過去3年間ではこのような成績を残されています。

歴代の6大学でドラフト1位で入団した選手の中には4年間で通算30勝を超えるような投手と比べると実績は劣ります。

ですが現在は早稲田大学で主将をし、先日の明治大学戦では9回1失点の完投勝利で、Max 155kmを投げて話題になりました!

その映像がこちら!

映像で見てもかなり伸びており、速いですね!

この映像を見てダルビッシュ有投手も左で155kmは体感も速そう!とかなりびっくりしていました!

バリバリのメジャーリーガーも唸った真っ直ぐを投げる早川隆久選手!プロでも大活躍する可能性がありますね!

早稲田大学の小宮山監督もまだまだ伸び代があり楽しみな選手というコメントを試合後に残しており、期待もできます!

また大学時代では日本代表にも選出されており、国際経験もあり、高校、大学とエリートの道を進んでおり、経験値も抜群ですね!

今年はプロのスカウトも試合で実力を見定めにくくなっており、過去の実績や限られた試合での実力、人間性(早川選手は早稲田大学主将)を確認してドラフトを決めていくと思います。

早川選手は、実績、実力、人間性、話題性、全てに項目で高い評価を受けてそうですね!

まとめ:早稲田大・早川隆久の経歴や実力!

中学時代までは地元の中学の軟式野球部でプレーをし、高校から強豪の木更津総合に進み甲子園でベスト8の結果を残しました!

早稲田大学に進学後、1年生から試合に出ており、日本代表経験をし、今年から名門早稲田大学の主将になりました!

今年は新型コロナウイルスの影響で、試合数が少なく、早川選手の実力が簡単には見れませんが、間違いなくドラフト1位候補で、今後も楽しみな選手ですね!

今後の活躍も注目していきたいです。
最新情報がで次第更新していきたいと思います!

最後まで、読んで頂きありがとうございました!

error: Content is protected !!