ニュース

9月入学になった場合メリットとデメリットは? 学年や卒業はどうなる?賛成反対派の意見は?

新型コロナウイルスの影響で、子供たちは自宅待機になっています。新しく入学する子供たちにとっては自宅勉強も進まないと思います。

学習遅れを解消する策として、9月入学・始業の案が浮上しました。

もし仮に9月入学・始業になった場合のメリット、デメリットなどについてまとめてみました。

9月入学になった場合メリットとデメリットは?

9月入学になった場合どんなことが想定されるか、メリットとデメリットはどんなことがあげられるのでしょうか?

メリット

  • 新型コロナウイルス対策を8月末まで実施できる
  • 休校期間の勉強の遅れを取り戻せる
  • 海外の入学期間と合わせることができる
  • 入試時期にインフルエンザ等病気を受けにくい
  • 休校期間の学生生活を取り戻せる(中止になった学校行事等)

このようなメリットが考えられますね。

やっぱり一番は休校期間を取り戻せるのが最大のメリットですが、海外留学が盛んになってきた昨今海外の入学時期と日本の入学時期がずれてることが課題とされてきましたので、それを変更できる機会だと言う人も多くいます。

デメリット

  • 法律改正や保護者への負担(学費も含む)が大きくなる
  • 現場の先生方や関係者に相当な負担がかかる
  • 学年の分け方、入試時期が変わる
  • 17ヶ月差の同学年が出来てしまう

日本ならではですが、四季と学校生活のイメージが変わってしまいます。卒業、入学=桜ではなくなることを懸念する人は多いみたいです。

このようなデメリットが考えられます。

子供たちの勉強の遅れや学生生活を取り戻せる分、学校関係者、保護者の負担が大きく、すぐに決められる問題ではありません。

9月入学になった場合学年や卒業はどうなる?

学年に混乱は?

今までの日本の教育制度だと、4月1日より新学年になり、翌年3月31日に卒業となっています。

もし、現在浮上の9月入学になった場合、普通に考えれば新学年は9月1日から翌年8月31日になってしまいます。

現在学生の方は半年ずらして新学期という対応は可能ですね。

問題は新入学生の1年生です。

一つ可能性として考えられているのが4月2日生まれ~翌年9月1日生まれの人たちが同じ学年になるということです。最大17ヶ月差生まれが同学年になる可能性がありますね。

もし9月入学になった場合新入学生がどのような形になるか注目です。

卒業式はいつ?

卒業に関しては桜満開の中、卒業式は行えなくなります。

学国では9月入学6月卒業の国もあるそうですが、日本は夏休みの期間がありますので夏休み前の7月末頃の卒業式が想定されます。

真夏の中、蒸し暑い体育館で卒業式するのも汗だくで大変そうですね。

そして今まで使っていたと卒業ソングなどは季節と絡めたものが多く、使えなくなることも考えられます。

古くから日本の文化の一部の桜=新生活感も無くなります。

もし9月入学になった場合、卒業式がいつ行われるのかも注目です。

9月入学は賛成と反対意見

9月入学に変更した場合のメリットとデメリットを踏まえた上で、賛成意見反対意見の理由もみていきましょう。

賛成派

失われた高校生活をこのままで終わりたくないという高校生の気持ちも本当によくわかります。

反対派

9月入学制は現実的ではない?

仮に9月入学に変更するとしたら、かなりの大掛かりな変更になります。

明治時代以降ずっと4月入学をしてきた日本で、この大きな変更をするには国民の負担も大きくなると思います。

そして4ヶ月弱の短期間でこの9月入学へ変更するのは、現実的ではないという言葉が多く出ています。

そして2020年4月30日新たに文部科学省が検討してることは

ある学年のみ登校を優先的に学校を再開するということです。ある学年とは

  • 小1
  • 小6
  • 中3

この学年は入学直後だったり卒業・入試を控えているので、この学年のみ早く再開をして3密を避ける狙いだそうです。

【まとめ】9月入学になった場合メリットとデメリット

先程ニュースで安倍総理が『9月入学も、前向きに検討する』と発言がありました。

コロナウイルスの影響でセンバツ高校野球、全国高校総体(インターハイ)、全国中学校体育大会などの中止ニュースがあり、今まで打ち込んできた学生にとって本当にかわいそうな決断です。

子供たちが早く元の学校生活に戻れるよう、今は全員でSTAY HOMEなどやれることをやっていくしかないですね。

9月入学はメリットデメリットをよく考えた上で国民一人一人がよく考えるべき問題ですね。

今後の入学、卒業時期について注目していきたいです。

https://kimamani-hitori.com/2020/04/22/snsenjyo/