テレビ・ドラマ

子役9歳の粟野咲莉はどんな子?演技力がすごい!

朝ドラにも出演した子役の粟野咲莉ちゃんが踊るさんま御殿に出演しました。

子役の粟野咲莉ちゃんを初めて見る人もたくさんいたと思いますが、どんどん他の出演者の発言を遮ってしまいました。

それには反対意見の声も多く寄せられましたが、その後に「すとぷり」の話をしたら、すとぷりファンから多くの賞賛意見もあげられました。

すとぷりとはそもそも何?粟野咲莉ちゃんはどんな子?

番組も詳しく内容まとめました。

子役粟野咲莉とはどんな子?

  • 粟野咲莉
  • 生年月日:2010年6月24日
  • 年齢:9歳
  • 出身地:東京
  • 血液型:O型

2013年の3歳のころから子役の活動を始めました。

2016年NHK連続ドラマ『べっぴんさん』でヒロインすみれの娘・さくらの幼少期を演じました。

2019年NHK連続ドラマ『なつぞら』で250人のオーディションの中、見事ヒロイン『なつ』の幼少期に選ばれてその演技力に反響を呼びました。

以前『踊るさんま御殿』に出演した時は、他のゲストの話を遮ってしまって、明石家さんまさんに「代表はちょっと静かに」とネタみたいな感じで黙らせられるシーンが度々ありました。

子役の粟野咲莉ちゃんは周りの大人の目を気にせずにどんどん発言できるすごい子なのかもしれません。

逆に人の話にぐいぐい入ってくる子役は共演者の大人たちもやりずらかったかもしれませんが。

大物女優になる日がくるかもしれません。

子役粟野咲莉が好きなものは?

粟野咲莉ちゃんが『すとぷり』にハマってるらしいです。

『すとぷり』とは、すとろべりーぷりんすという6人組のアイドルユニットです。

主にYoutube投稿で活動されてるそうです。生ライブをのぞいてwebやめメディアに出る時は各メンバーをイラストキャラクターで表現しています。

アイドル好きの純粋な子役なのだと思います。

粟野咲莉 演技力は?

NHK連続ドラマ『べっぴんさん』似てとても演技力の高評価がありました。

かなり倍率の高いオーディションに勝ち抜いた子なので、演技力は間違いなさそうです。そして視聴者の多くはつい涙してしまうほどの、迫真の演技という声も上がりました。

これからもドラマなどで活躍する場がありそうです。

活躍楽しみですね!