お笑い芸人

お笑い第7世代は誰?どういう意味?霜降り明星のせいやが考案!

お笑い第7世代という言葉が世の中で使われるようになってかなり経ちました。

改めたてお笑い第7世代とは?ということについてまとめました。

お笑い第7世代とは誰?

お笑い第7世代という言葉はいつから生まれた?

誰が作った?

お笑い第7世代とは?どういう意味?

お笑い第7世代とは、2018年ごろから使われはじめた言葉で『20代の勢いのある若手のお笑い芸人を集めて新しいムーブメントを作ろう!』という気持ちから生まれた言葉です。

お互いに同世代でバチバチと闘争心を燃やすよりも、仲間として協力しあいながら同じブレイクの波に乗って行こう!という、いかにも今の20代の世代の傾向にのっとった考え方だと思います。

そしてこの『お笑い第7世代』という言葉は一種のブランド化のようになっていきました。

あまりにもこの『お笑い第7世代』というブランド名が一人歩きしているため、考案者は結構困っているということもありますが・・・(考案者については後ほど記述しています)

そして大御所である明石家さんまさんやダウンタウンさんなどには経験値も全て違うから勝ちようもないし、そんな気もさらさらない。

だからこそ、そういう上の世代の人たちとは線引きしてくくりをつけることで自分たち若手にある持ち味を生かしてお笑いの波を作ろう!という熱い気持ちも入っています。

お笑い第7世代の特徴

  • 賞レースで勝つことを計算してネタをつくるコンビが多い
  • いじられて笑いをとる
  • 芸歴が浅いか20代の若手お笑い芸人
  • ライバルで闘争心を燃やすよりも協力して一つのブーブメントを作ろうという精神
  • YoutubeやAmebaTVなど地上波にこだわらずに出演

お笑い第7世代とは誰?

ではそのお笑い第七世代に括られる人たちは誰?ということですよね。

たくさんいますが、その中でも代表となるお笑い芸人を抜粋しました。

霜降り明星

2018年の『M-1グランプリ』見事優勝してブレイクした霜降り明星。

2人とも20代でM-1グランプリで優勝したのが、芸歴5年目という若いコンビでした!これにはかなり注目が集まりました。

なぜなら前年度優勝したとろサーモンより10歳以上も若返り、世代交代か?!とまでメディアで言われたほどです。

第7世代の発起人は霜降り明星ではないでしょうか?!

ミキ

兄弟コンビのミキ。お笑いコンビミキは数々のショーレースで勝ち抜いてきていて、M-1グランプリも優勝は逃していますが、2位をとって大ブレイクしました。

ミキも結成年は2012年なので、芸歴は今年で8年目という若いお笑いコンビです。

現在の年齢は兄のこうせいさんが34歳、弟の亜生さんが31歳なのでどちらも20代ではないですが、ブレイクした時は20代でしたね。

EXIT

チャラい漫才で大人気になり、テレビの出演が一気に増えました。

休みはほぼないほどに忙しいみたいです。

2017年にコンビを結成してるので、まだ芸歴3年目!というずば抜けて若いコンビです。

しかしここまでのブレイクには驚きですし、テレビでは見ない日が本当にありません!

それほど本当に勢いがあるお笑いコンビです。

宮下草薙

https://www.ohtapro.co.jp/talent/miyashitakusanagi.html

賞レースでは他のコンビに比べると成績はいまいちですが、斬新なネガティブ漫才でブレイクしました。

テレビに出演したのはたしか『アメトーーーーク』が始まりだったと思いますが、草薙さんの方は全然話さないし声が小さすぎて他のお笑い芸人たちからいじられ怒られて、その掛け合いが面白かったです。

今ではびっくりするほど明るくなってますが、いじられキャラは続行していて波にのってるお笑い芸人ですね!

そして宮下さんが現在29歳、草薙さんが28歳でどちらも20代、結成年は2016年でこちらもかなり芸歴は浅いです。

四千頭身

結成年は2016年、そして3人全員現在23歳とぶっちぎりの若さが特徴です。

ゆとり世代を代表するかのゆるさと3人が良いバランスで生み出すお笑いが人気です。

CMやラジオなどでも活躍していますし、地方番組ですが冠番組もあります。

若いコンビが繰り出す斬新で独特の漫才はおもしろすぎます。

ゆりやんレトリィバァ

ゆりやんさんは大阪NSC35期生を首席で卒業しているすごい人です。

その特典として卒業と同時に2013年の仕事がぎっしりつまってるスケジュール帳が渡されて、お笑い芸人になると同時にすごい勢いで売れていきました。

女芸人No.1の第一回THE Wで見事優勝し、大ブレイクしました。

他にもかが屋、ハナコなど他にもたくさんの芸人さんたちがいます。

お笑い第7世代という言葉の考案者は霜降り明星のせいや?

そもそもお笑い第7世代という言葉がどこから生まれたかというと、霜降り明星のせいやさんがラジオで発言したことがきっかけでした。

2018年年末にお笑い芸人でやってみたいことをせいやさんが夢として粗品さんに語っていました。

若い20代の人たちだけでくくる番組をやってみたら面白いんじゃないか?勝手にワンピースの最悪の世代みたいに名前をつけたらいける気がするんだけどな〜」

「ゆりやんとかが第7世代って言って(名前をつけてて)ほんまにみんなでやったら・・・」

と熱い話を繰り広げていました。

せいやさんがラジオで話したという話は本当です。

自身のユーチューブチャンネルで話していました。

ただ、この『第7世代という名前だけが一人歩きして困ってる』ということも言っていました。それぞれが自分たちの解釈をしてしまい、先輩芸人の人たちが自分たちは時代遅れとされてる気がする・・・などの批判的な声もあったそうです。

お笑い第7世代という言葉をメディアが使いすぎ?

お笑い第7世代という言葉をメディアがかなり使っていて、今では『お笑い第7世代』のテレビ番組と聞くと「絶対おもしろい!みる!」となる人も多いと思います。

今ではそのお笑い第7世代の言葉がついた番組までスタートしました。

  • お笑いG7サミット(日本テレビ)
  • 第七キングダム(日本テレビ)
  • 7G(フジテレビ)

などなどです。

本当にせいやさんが目指していたお笑いの形が実現していますね!

【まとめ】お笑い第7世代について

お笑い第7世代についてまとめました。

お笑い第7世代は20代の若い世代のお笑い芸人たちで集まって新しいムーブメントをつくろう!という言葉から生まれた言葉でした。

お笑い第7世代の考えられる特徴はこちら

  • 賞レースで勝つことを計算してネタをつくるコンビが多い
  • いじられて笑いをとる
  • 芸歴が浅いか20代の若手お笑い芸人
  • ライバルで闘争心を燃やすよりも協力して一つのブーブメントを作ろうという精神
  • YoutubeやAmebaTVなど地上波にこだわらずに出演してる

これからどんどん活躍して日本を盛り上げて笑いをたくさん提供してほしいです☆

応援してます!