気になる人

久保建英のスペイン語が完璧!勉強方法は?現地人も言葉を失うレベル!

高校1年生でFC東京とプロ契約し、19歳でビッククラブのレアル・マドリードに移籍した久保建英(たけふさ)選手。

彼のサッカーの実力はもちろん、スペイン語が現地人並みということご存知ですか?

久保建英さんはどれくらいのスペイン語力なのでしょうか?

勉強法は?

久保建英 スペイン語力のレベルはネイティブ並み?!

  • 名前:久保建英(くぼたけふさ)
  • 生年月日:2001年6月4日
  • 愛称:タケ、ケンちゃん
  • 出身地:神奈川県川崎市
  • 身長:173㎝
  • 体重:67㎏
  • ポジション:FW(MF)
  • 利き足:左足
  • クラブ:FC東京(期限付き横浜F・マリノス)
  • 海外クラブ:レアル・マドリード(期限付きRCDマヨルカ)
  • 言語:日本語、英語、スペイン語

オリンピック日本代表はもちろん、今後世界で最も通用する日本人選手として注目を浴びてきます。

高校1年生でJ1デビューを果たして、飛び級でU-20日本代表になります!
2019年には4大リーグ(ラ・リーガ、プレミアリーグ、セリエA、ブンデスリーガ)で日本人史上最年少ゴールを決めました!

留学しても中々完璧に覚えるのは難しいですが、世界ビッククラブで成功すると強い思いがあり、言語のマスターにもかなり努力されたと思います。

スペイン語のインタビュー

15歳当時の久保建英選手のカッコいいスペイン語がこちら↓

スペイン語が本当に完璧なほどで、語学に苦戦している様子も全くなく自分の素直な気持ちを母国語の日本語と同様に話せていますね。

スペイン語の読みもできる!

スペイン語を話せて聞けるだけなのかな〜と思ったら、スペイン語を読んでいる動画もありました。もう本当に完璧ですね!

小学生の頃にスペインに住んだこともあり、2ヶ月でスペイン語を覚え11歳には完璧にスペイン語を話せるようになりました。

10歳の時のスペイン語

久保建英選手が10歳の時にすでにスペイン語を話している動画もありました。

今よりもたどたどしい感じはありますが、この時にすでにもうスペイン語には慣れている感じでしたね。

スペイン人からするとまだスペイン語わからない人のスペイン語だそうです。

現地メディアから『和製メッシ』と呼ばれ、いつかメッシの様になりたい!とメディアに対しても言っています。

ちなみに世界一の選手になる為に英語も勉強しているそうです!

久保建英はスペインに何年間いたの?経歴は?

ずっとスペインで暮らしていたらこんなにもスペイン語がペラペラなのは理解できますよね。しかし久保建英さんがスペインで生活していたのはそんなに長くないんです。

●久保建英さんのスペイン生活●

小学校4年生の頃スペインに母と弟と引っ越す

↓(4年間をスペインで過ごす)

中学2年生で日本に帰国

だいたい10歳から14歳までの期間をスペインで暮らしました。

神奈川県川崎市で川崎市立西生田小学校に行きますが、小学生4年生の頃にバルセロナの下部組織に所属が決まり、バルセロナの私立小学生に転校し卒業します。

バルセロナに引っ越してわずか2ヶ月ではスペイン語を習得していたそうです。

中学校もバルセロナ市内の学校に行きますが所属クラブの外国人違法獲得により、出場停止となります。

その事をきっかけに中学2年生で帰国し川崎市立西生田中学校に転校し卒業。

たったの4年間でスペイン語完璧と言われるまでに上達するのはやはりスポーツと同じで何回も練習して慣れていった結果かもしれません。

久保建英のスペイン語力はどうやって勉強したの?

久保建英さんがどうやってスペイン語を現地人に「完璧!」と言われるまでに上達したのか気になりますよね。

スペインに行くまでは全くスペイン語が話せなかったそうです。

しかしサッカーというツールがあるので、毎日スペイン人と関わる中で必要に迫られて人が話しているのをどんどん聞いて使ってみて覚えていきました。

学校も日本人学校ではないスペイン現地の学校なので、スペイン語を嫌でもずっと聴く環境だったのがよかったかもしれませんね。

『習うより慣れていった』という勉強法だったのではないでしょうか。

しかしボーッとしていても習得はできないので、スペイン語を話せるようになれば憧れの人「メッシ」にも近づいていけると強い気持ちを持っていたのだと思います。

久保建英のスペイン語力に現地の人も驚き?!ネットの反応は?

スペイン人のyoutuberが久保建英さんのスペイン語を聞いて、「完璧!」と言っているものがありました。

もちろん間違いたりすることもあるみたいですが、15歳という若さでここまでのスペイン語を話すのはかなりすごいことですよね!

久保建英のスペイン語以外の語学にも習得意欲あり!

現在18歳の久保たけふさ選手。ここまでスペイン語が上手なのに、英語もマスターしたいと意欲が強いとインタビューに答えていました。

「自分はスペインに行っていたこともあり、やっぱり語学の大切さというものはわかっているので、どうにかして他の言語もマスターしたい、という思いはあります。ひとつ覚えているので、覚えていないよりはその次は簡単にいくかなと思っているので。何だか模範的な答えになっちゃうんですけど、やっぱり英語ですよね。サッカーはどこに行っても、英語をしゃべれる人がいる。日本にいるとしても、外国人の方と英語でしゃべれれば損はしないと思うので」

若いうちから異国のスペインで暮らしていて、通訳を通さずに同じ言語で話す必要性を切に感じたんですね。

スペイン語と英語は似ているところが多いので、きっと英語もすぐにマスターしてしまうのかもしれません。

サッカー以外の久保たけふさ選手から目が話せませんね!

久保建英はスペイン語が話せるとサッカーで最高のメリット!

サッカーはコミュニケーションがとっても重視される競技です。

その多くの強豪チームで使用されるスペイン語が話せるというのはメリットでしかありませんね。

そして現地メディアからの質問には通訳を通さずに受け答えすることができるのもメリットです。

サッカー以外でのメリットはスペイン語を話せることで世界中のたくさんの人とはなすことができます。

スペイン語を話す人口は約4億2000万人!
英語を話す人口は約17億5000万人!
久保建英選手は英語とスペイン語をマスターしたら世界の3分の1の人と話せる計算になりますね!

【まとめ】久保建英のスペイン語について

久保建英選手のスペイン語についてまとめました。

スペインにいは10歳から14歳まで住んでいて、その4年間にマスターしました。

『習うよりも慣れる。』という習得方法でした。

現地に住んで積極的に自分のサッカーの思いや一つ一つのプレーについて質問したりと、スペイン語を積極的に使ったことが言語をマスターするには必要だと思いました。

これからのサッカーでの活躍も、言語をどれだけマスターしていくのかも注目ですね☆